HOME > アブノーマルセックスや変態性欲の心理 > フェチ(フェチズム)の心理

フェチ【フェチズム】の心理

身体の一部や物に性的興奮を覚える心理

 フェティッシュ、fetischという言葉は護符・マスコット・人の心を魅了する物というラテン語が語源です。

 フェチは性対象を生きている人間そのものの全身よりも、身体の一部分あるいは対象を連想出来る物に求める特異な性愛心理です。

 巨乳の女性のみを好む男性(実は私も巨乳フェチです)、外人のみを性的対象として追いかける女性など少なからず誰にでも存在する心理です。

 そもそも人間の異性愛は「あばたもえくぼ」の通り対象を過剰評価するものです。  恋すれば肥えた身体はふくよかとなり瘠せた身体もスレンダーと捕らえ、文字通りあばたもえくぼとなります。

  また、亡くなったあるいは別れた愛する人の身に付けていた物に相手の面影を思い浮かべ肌身離さず身に付けているというのも良く聞く話です。 しかし、特定の人間だけを対象とせず正常な性愛から離れ犯罪的にまで近づいた時、危険な物となります。

フェチの対象

 フェチの対象は毛髪、洋服、下着、靴下、脚、乳房、胸板、性毛、胸毛、靴、排泄物など性愛対象の一部や持ち物から 花、装飾具、貴金属、雑貨、ゴム、皮、鎖、拘束具など通常性愛対象から離れた物までありとあらゆる物があります。 

 夜な夜なハサミで女性の髪を切り取り持ち帰ってその髪を性器に巻きつけ自慰に耽っていた男が捕らえられる事件など世界中で良く聞く話ですし、あるきっかけでハンカチフェチになった男は、その時は頭が真っ白になり女性からハンカチをすり取り持ち帰ってその中に精を漏らさずにはいられず 自己嫌悪と苦悶の日々を送りましたが、ついに捕らえられた時には精が染み込んだ色取り取りの女性用ハンカチが数百枚に及び深く精神を病んでいたと聞きます。

 サドの名の由来にもなったマルキ・ド・サード侯はいつも体毛、性毛のふさふさした女性に心酔した言われています。  私の知る中にもパイパン(無性毛)の女性のみを好むサディズム男性。  貞操帯を付けられ放置される事を夢見るマゾ女性など枚挙にいとまがありません。

 私のあげた例でも判る通り、フェティズムは、マゾやサド、スカトロジーなどしばしば他の異常性欲と結びつきさらなる異常の深みに陥いらせます。 

誰にでも起こりうるフェチズム

 私自身も小学生の時、ふとした気持ちで姉のパンストを履いて鏡を見た時の興奮が忘れられず小学高学年までパンストフェチでもありました。 その後、正常なSEXや、SMに対する興味から知らず知らずのうちに治りましたが、 今思うとフェティズムは、ちょっとした行為やその時目に焼き付いた印象など些細な事が原因となって心の隙間に入り込み、いつか異常を実行しようとする根として一生残って行くものだと思います。

 あなた自身にも思い当たる事はありませんか?