HOME > アブノーマルセックスや変態心理

アブノーマルセックス・変態など異常性欲の心理

 SMを代表としたアブノーマルセックスに多少なりとも興味を抱いている人は、女性にも少なくありません。 また、あなたの周りのごく普通のカップルや女性の中にもアナルセックスの経験のある方は意外に少なくありません。 アブノーマル(異常、変態)とは辞書などで調べると「正常では無い物。 平衡を失い常軌を逸したもの」 などと出ていますが、では、「変態」に対し「常態」の性やセックス(SEX)とはどういう物でしょうか...

正常(ノーマル)な性の定義としては恐らく、上の2つになるでしょう。 
 しかし、現代の性の世界ではセックスの前戯として言葉による刺激、各所へのペッティング、フェラティオ(口淫)などの行為が行われるのは普通(ノーマルセックス)の範囲です。
 また、世の中の人ほとんどの人が言葉に出して言えないような過激で淫靡な空想を頭の中で繰り広げ、自慰(オナニー)を行った経験があるはずです。  恐らくあなた自身も身に覚えがあるはずです。

 夫や恋人がバイブを使ってみたい、1度だけでも縛ってエッチさせて欲しいと言い出したなど、配偶者や彼は、実は変態なのではないかと心配する方がいますが、 性交の一つの刺激として縛る、鞭で叩くなどの「ソフトSM」的行為を好む傾向があっても性交(セックス)を目的としていればやや危ない兆候ではありますが、すぐにアブノーマル(異常、変態)というわけではありません。

 また、俗にいう変態的な行為などに少なからず興味があるというのも正常の範囲だと思います。  簡単に言えば、あなたの夫や彼氏、近隣の住人、職場の上司や部下・・・そしてあなた自身にもどんな人間にもある程度の変態性はあるものです。

アブノーマル・変態性欲の定義

 危険視すべき本当の意味でのアブノーマルセックスの衝動(異常、変態)は性交以外の行為や目的によって強い性的興奮や絶頂(オルガスム)を得られる、 あるいは自制心で抑えられないほど病的にそれを求めてしまっているという人です。 榊保三郎博士は「性欲研究と精神分析学」の著の中で次のように分類しています。

 こうした因子は誰の心にも潜んでいますが、多くの人は無意識のうちに危険な因子を抑制、 抑圧し理性の力で心の奥深くに埋没させて普通の人の顔をしているに過ぎないのです。
 無意識下に埋没させた願望や性衝動は、時をかけて発酵、変化し何かの「きっかけ」があればアブノーマルセックス(異常、変態)の世界へ人々を堕していきます。

 今現在、アブノーマル(異常、変態)な性に悩んでいるあなた自身も、幼少期を含め何かの「きっかけ」によって現在のこだわりに取り憑かれているはずです。
 また、偏ったアブノーマルな性を持つ場合、境界例(Border line Case)などの精神的疾患が絡むケースもあり、極度に衝動が強く自己コントロールが困難な場合や自分自身の混乱が強い場合は、精神臨床的な見地からの診断や治療が必要なケースもあります。

 まずは自己分析と、その「きっかけ」が何であったかを探り、あなた自身が自分のアブノーマル(異常、変態)な性嗜好を理解する事が大切す。 また、ご希望の方には、アブノーマルな性や変態衝動の悩みは【変態相談室】、SM願望やマゾヒズムに悩むM女性は、【M女のSM相談~SMへの扉】で心理面を中心としたご相談をお受けしています。 このサイトを通して少しでも自身の性を理解され、願望や衝動を含めあなたの性の悩みに対する手掛かりやヒントとなれば幸いです。

 下のメニューからあなたのアブノーマルな性嗜好を選択してください。